ピルを飲む時は副作用に注意しよう

白い錠剤と葉

ピルは女性特有の症状である生理痛を改善したり生理を規則正しい周期にしたり避妊のために使われていますが飲む時には副作用には気を付けてください。
副作用と言えば吐き気やけだるさなどがありますが、これはピルによって体の中のホルモンの環境が変わる事によって起こる事です。
まだピルの初心者などに多く出る症状ですが長く続けているうちになくなることがほとんどです。
またピルの種類を変えることによっても改善します。
ピルを飲んでから何か不快な症状が出た場合には副作用だと思ってください。
そして処方してくれた医療機関で相談しましょう。
また、副作用の出にくいヤスミンを購入してみる事もおすすめします。
他にも副作用として出る可能性があるのが肌のトラブルです。
ニキビができたり化粧のノリが悪くなるなどの症状ですが、一般的にピルを服用するとお肌の調子がよくなると言われているのにも関わらずなぜ調子が悪くなるのでしょうか。
実は男性ホルモンの働きは通常は抑えられているのですがピルを服用することによってホルモンのバランスが変化し男性ホルモンの働きがが強く出てしまうからです。
しかしこれも長く続けていることで体が慣れて解消することが多いのです。
一番危険なのが血栓症のリスクです。
非常に出現率は低いのですが元々喫煙をしている方などが出やすくなります。
また持病のある方の場合も発症リスクが高くなりますので自分の判断で飲むのではなく必ず医師に相談して処方してもらうようにしてください。
基本的には低用量のものですとそれほど副作用が出ませんので安心して飲めます。
モーニングアフターピルの場合は成分が多いこともあり副作用も出やすいのですがこちらも当然医師に処方してもらうようにしてください。
あと決められた分量だけを飲むようにしましょう。
もしも、ピルを服用する理由が更年期障害への対策であり、副作用が心配という方にはピル以外の女性ホルモン補充薬をおすすめします。
特に更年期障害にはプロギノバが良いでしょう。
他のものに比べ効果が高いのが特徴です。

人気記事一覧