ピルと鎮痛剤の併用は中止した方が良いの?

緑のカプセル

頭痛や歯痛など、耐えられない痛みを抑えるために利用するものに鎮痛剤があります。
飲んでしばらくすると痛みを和らげてくれるので、持ち歩いている人も少なくありませんが、ピルを飲んでいる時には薬の飲み合わせが気になってしまいます。
基本的に、ピルと鎮痛剤の飲み合わせはどのような組み合わせでも問題がないと言われています。
自分に合った鎮痛剤があるので、それを選択して利用するようにすると良いでしょう。
ピルとの飲み合わせで気を付けたい薬でよく病院から処方されるものは抗生物質です。
歯科で化膿止めに出されたり、耳鼻咽喉科や内科など様々な診療科で抗生物質が処方されていますが、その中でもペニシリン系とテトラサイクリン系の抗生物質はピルの効果を下げてしまうと言われています。
医師にピルを飲んでいることを伝えて、別の抗生物質にしてもらうかピルの服用を中止して、性交渉を行う時は避妊を行うようにしましょう。
病気が治癒してから再び服用を始めるようにします。
他にもてんかん、ぜんそく、抗不安薬、水虫やカンジタなどの抗真菌薬の中にもピルの効果を強くしすぎたり弱めたりしてしまうものがあるため、薬を病院から処方してもらう時には必ず医師に申告を行うことが重要となります。
また、薬以外でもサプリメントとして利用されているセントジョーンズワートを含んでいるものも避妊効果が落ちてしまったり不正出血が起こる可能性があると言われています。
美肌のために摂取している人も多いビタミンCも摂取量が多すぎるとピルの効果を強めてしまうため副作用が起こりやすくなります。
気づかずに摂取してしまいがちな大豆イソフラボン含有の豆乳やバストアップサプリも同様に効果を強めて副作用が起こりやすくなるため、摂取は控えるようにしましょう。

人気記事一覧